2010年03月31日

皇后さま 旭出学園工芸展を訪問 日本橋三越で開催中(毎日新聞)

 皇后さまは29日、東京都中央区の日本橋三越本店で開催中の「第23回旭出学園工芸展」に訪れた。同学園は幼児から成人までの知的障害者を対象に都内や静岡県などで教育や生産活動を行っている団体で、隔年で作品展を開いている。

 皇后さまは皇太子妃時代から同学園の活動などを視察してきた。この日も障害者が作り、展示・即売している焼き物や織物などを約30分間にわたって見て回り、鍋敷きやはし置きなど数点を自ら購入した。

医療紛争の裁判外解決で初会合=ADR機関が情報交換−厚労省(時事通信)
埼京線と湘南新宿ライン全線再開=JR東(時事通信)
無償化除外を批判した兵庫知事などに脅迫状(産経新聞)
<郵政改革>亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判(毎日新聞)
<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)
posted by タゴ シズオ at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

大阪中心部に親水ゾーン「僕も泳ぐ」橋下知事(読売新聞)

 大阪府は水都再生のシンボル事業として、大阪・桜宮の大川沿いで親水ゾーンの整備に着手する。

 川の水を取り込んだ「リバープール」や人工砂浜、干潟を設ける内容で、2011年夏にオープンする予定。橋下徹知事は「完成したら僕も泳ぎます」と意欲満々だ。

 「大阪ふれあいの水辺づくり」事業で、大川左岸の貯木場跡地(約2ヘクタール、大阪市都島区)の水面に整備。うちリバープールは縦155メートル、幅40メートルで、浄化施設で濾過(ろか)するなどした大川の水を引き込む。水質や管理上の問題から、日常的な開放は難しいが、水泳大会やカヌー教室の開催は可能という。

 さらに、ビーチバレーなどを楽しめる人工砂浜(縦150メートル、幅40メートル)や、水生動物の観察ができる干潟(縦180メートル、幅75メートル)も併設。府は、事業費1億3500万円を盛り込んだ補正予算案を開会中の府議会に提案している。

 事業は昨年夏、橋下知事と建築家の安藤忠雄さんが「中之島で泳ぎましょう」と意気投合したのがきっかけ。河川を利用したプールは汚染の少ない上流部に設けるのが一般的で、都心部では全国でも珍しい。

 府によると、大川では、流域の下水道整備が進んだことにより、汚染の指標となる生物化学的酸素要求量(BOD)が40年前に比べ約5分の1となるなど水質改善が図られている。

 ただ、浄化施設を通しても透明度はまだ低く、「安心して遊泳するには、さらにきれいにすることが不可欠」(府河川室)と指摘。橋下知事は「水都大阪を売り出すには、水に親しめる空間が必要。浄化を進め、にぎわいづくりの核にしたい」としている。

<子供用アクセサリー>中国、韓国から輸入の9点に鉛(毎日新聞)
金元工作員、5月にも来日か=日韓政府が調整(時事通信)
<フェリー事故>荷崩れ後に傾斜か 三重・熊野灘で横転(毎日新聞)
<ユキヤナギ>お堀沿い真っ白に 名古屋(毎日新聞)
5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)
posted by タゴ シズオ at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。