2010年04月07日

中小企業にまだ停滞感=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は1日午前の記者会見で、日銀が発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)について「かなり改善の状況は見られることは確かだ。ただ、中小(企業)はまだ少し停滞している感がある」と指摘した。
 その上で「二番底にならないようにしなくてはならない。(大企業と中小で)二極化しているところは、しっかりと注視し、景気回復を優先した取り組みを今後も進めていかなくてはならない」と述べ、2010年度予算を着実に執行していく考えを強調した。 

【関連ニュース】
大企業製造業の景況感、マイナス14=4期連続改善
デフレ脱却、「政府」に期待=中小企業アンケート
景況感は改善継続の公算=3月短観、1日に公表
景気「悪い方向」、3年連続トップ=財政、外交にも懸念
デフレ長期化を警戒=亀崎日銀審議委員が講演

<ハイチ大地震>また笑顔で筆を 愛知・岡崎で絵画展開催へ(毎日新聞)
NOVA元社長を不起訴処分(産経新聞)
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転(医療介護CBニュース)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)
<春の新聞週間>福山雅治さん、小泉今日子さんに聞く(毎日新聞)
posted by タゴ シズオ at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。